読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

経占万堂の営業日誌

ビジネスや占い、ゲームで世の中を変えていきたい、中小企業診断士(登録予定)の、活動報告や日常

身近にある事例っぽい企業に出会った

中小企業診断士の試験では、
色々な「こんな会社あるのかしら?」と思うような会社に出会えます。
こんな会社には中々会えないのかな?
と思っていましたが、先週そんな事例っぽい会社に会えたので、ちょっと紹介します。


f:id:zou3tokirin3:20111203225933j:image:w640
ちなみにこの画像は関係ありません

会社概要

その会社は、神奈川県に2店舗展開する中華料理屋です。
一見は、何気なく利用しているそこら辺にある中華屋なのですが、
メニューは定番モノはもちろん、
そこら辺の店では食べられない本格的なモノまで揃ってます。


飲食店というと、まずは立地が重要ですが、
1店舗目はビジネスタワーの近く
2店舗目はスケートリンクに隣接(というか内部的にくっついてます)しています。




さて、どちらが客が多いでしょうか?
さて、どちらが客単価大きいでしょうか?




この答えは後ほど



出会い

そもそもどうやってその会社に出会ったからというと、
簡単に云えば、上司と飲みに行った際に連れて行ってもらったからです。


駅からやや離れたスケートリンクに併設された場所にその店はありました。
内部は大体20〜30名も入れば満席になりそうな位の大きさ。


中華屋さんによくある丸テーブルもありました。


中では丁度2組の宴会が正に始まろうとしていた時でした。


3人だけで行ったのですが、10人は座れる丸テーブルに通してもらいました。
というのも、上司がこの店の常連でかなりの好待遇だったので、色々な話が聞けたという事情もあります。


いやー、常連の力って凄いですね。



内容

まず常連待遇の料理がすごかったです。
まずは3品ということで、次から次に
めちゃく美味しいメニューには載っていない料理が出てくるんです。


そのメニューの内訳は

  • 干しナマコとアワビのスープ
  • うずら肉のレタス巻き
  • スペアリブの黒胡椒鉄板焼き


と、こんな感じ。




それ以外も、フカヒレスープなども出ました。
どれも美味しい料理で、
普段の夕食の3日分はその日だけで食べた気がします。



大将の話

さてココからが本題


常連の人がいるから、色々な話が聞くことが出来たのですが、
そこの大将(女性ですが)の話が興味深かったでした。


現在、会社概要で説明した通り2店舗運営しているらしいのですが。


ビジネスマン達は

  • 質よりも量、重視
  • 値段も安めに

しているとのこと


一方スケートリンク側は

  • 質が良いものを出す
  • 量が来ない分、客単価は高い
  • 15,000円のコースでも客は取れる!


と、最後のやつ、かなり注目です。
これ、結構凄くないですか?
15,000円のコースなんて、一般人の自分ではお目に掛かったことありません。


でも、これがスケートリンクという場所柄、
スポーツの理事会関係の人達が宴会をするときに、
かなりの額を落としてくれる見たいなのです。


以外に客が居なさそうなのですが、
逆にそんなことはなく、客単価の良い顧客なのだそうです。




大将自身、リニューアルオープンした2店舗目が忙しく、
ビジネスマンの多くいる1店舗目に、あまり手が掛けられていないとのこと。


料理の質は上げると、単価に響いてしまうので、
それ以外の要素で、1店舗目に還元していきたい。


とのこと



まとめ

一見どこにでもある中華屋さんですが、
店舗周辺の客層に合わせ、
料理の内容や質も変えていることに、
ちょっと新鮮な驚きがありました。


どうしても、そこらへんの中華屋というと、
どこも同じメニューで、あまり客層のことを意識していないと思ったのですが、


いやー、正直舐めていましたが、意識が改まりました


長年残っている店は、その地域の特性に合わせて生き残っているのだと、
感じさせる素晴らしい店に出会えましたので、
ここにエントリとして記録しておきます。